水道修理マニュアル

水道修理マニュアル

自分で出来る水道修理のやり方

水道修理といっても様々ありますが、ここでは継手部からの水漏れ修理のやり方を紹介します。
水漏れの多くは、継手に入っているパッキンの劣化が原因ですので、これを交換することで修理できます。
まず、水道メータのところにある水道の元栓を止めます。
洗面器や防水シートなどで外した個所から出る水を上手く受け止める準備をしておけば、濡らす部分を最小限にする事ができます。
それらが終わったら、いよいよ配管を外します。
配管の継手部は六角ナットになっているので、スパナやモンキーレンチで緩めます。
外すと黒いゴムパッキンがあるので、それを交換。
交換したら、ナットを締めます。
この時、おねじ(凸)側にシールテープの有無を確認。
巻いていなければ、そのまま締めてOK。
巻いた痕跡があるなら、シールテープを巻き直してください。
ナットを締めるときは、締めすぎに注意。
あまり強く締めると交換したばかりのパッキンが変形したり、最悪、配管が割れる恐れがあるので、ナットを手で締まるところまで締め込んで、工具で半回転~1回転くらいが適正です。
水道修理と聞くとハードルが高いと思われがちですが、継手部の水漏れ修理はこれだけで出来ます。

水道修理のパーツをチェック

水道修理で最も需要の高いパーツは蛇口の内部にあるパッキンでしょう。
パッキンは蛇口からの水を出したり止めたりする役目があります。
常に開閉時に上下するので、永い間にはすり減ってしまい完全に水が止まらなくなってしまいます。
水道修理をする場合は止水栓で水を止めて、蛇口のハンドルの付け根の袋ナット部分を外すとパッキンが出てきます。
蛇口の種類によって若干形状が違う場合があるので、外したパッキンをもってホームセンターなどで同じ形状のものを購入すると良いでしょう。
最近はキッチンや浴室の水栓は混合栓がほとんどですので、混合栓の修理はプロにお願いするのが良いでしょう。
また蛇口の単体が傷んだ場合は蛇口の取り付け部分から外して、ホームセンターなどで取り付け部分の径が同じ蛇口を購入しましょう。
取り付け部分の径が違うものがあるので注意しなくてはなりません。
自宅で使用している蛇口のパッキンや蛇口は、あらかじめ大きさを調べてパーツを購入しておくと緊急の水道修理の場合は助かります。

recommend

2016/12/12 更新

ページのトップへ

Copy Right 2016 水道修理マニュアル